一般社団法人あまねは、重症児・医療的ケア児の支援事業所です。子どもたちが地域で暮らしていくことを第一に考えています。

看護職員15名勤務

常時、配置基準以上に看護職員を加配し・医療連携ができる体制を整えています。県内で初めての医療的ケア対応の重心型放課後等デイサービス・児童発達支援です。

看護師12名

准看護師+救急救命士1名

准看護師+保育士1名

准看護師1名

保育士・児童指導員10名勤務

介護福祉士やヘルパーの資格を併せ持つスタッフもいます。

その他専門職

嘱託医・理学療法士・作業療法士・介護福祉士等も配置しています。

H26年7月10日県知事指定「放課後等デイサービス事業」がスタートしました。

【いーはとーぶ】とは…

宮澤賢治のたくさんの作品の中に【いーはとーぶ】という地名が登場します。そこは、みんながなんらかの役割を持ち、懸命に生きる理想郷。子どももスタッフも笑顔いっぱいの楽しい場所にします。

いーはとーぶ外観
いーはとーぶ外観
いーはとーぶ受付
いーはとーぶ受付

いーはとーぶFacebookページ

放課後等デイサービス いーはとーぶ

旧江口病院 南側駐車場の奥 岩盤浴花みずき跡地

山領バス停・トライアルから徒歩5

JR久保田駅から徒歩10


H28年7月1日、県知事指定「重症児デイルームAQUA」がスタートしました。

H30年4月1日、厚生労働大臣認可「こども訪問看護ステーションKARIN」がスタートします。


いーはとーぶの周りは見渡す限りの水田で、田植えの時期はまるで海に囲まれているようです

いーはとーぶは佐賀県小城市三日月町の静かな田園地帯の中にあります
いーはとーぶは佐賀県小城市三日月町の静かな田園地帯の中にあります
自慢のスヌーズレンルームです。パニックを起こした子供もここに来ると本当に穏やかになります。
自慢のスヌーズレンルームです。パニックを起こした子供もここに来ると本当に穏やかになります。



季節の雛人形を飾っています〜

いーはとーぶのお庭には、お花がいっぱい咲いています。自然の多い環境で子どもたちと過ごしています。

「おぎなう」に取材を受けました!

『あまね』は、看護師の親子3人からスタートした障害福祉事業の会社です子ども達が「安心」して楽しく過ごせる場所を提供し、家庭的な雰囲気で看護ケアを行います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

おぎなう 2014Vol.20
おぎなう 2014Vol.20

企業理念

願以此功徳(がんにしくどく) 普及於一切(ふぎゅうおいっさい) 我等与衆生(がとうよしゅじょう) 皆共成仏道(かいぐじょうぶつどう)

「願わくば この功徳をもって あまねく一切に及ぼし

 我らと衆生と 皆 共に仏道を成ぜん」

自分の施した善き行いが、ありとあらゆるものごとによい影響を与え

自分の幸せだけでなく社会全体の幸せになるよう祈ります

南無妙法蓮華經

 

一般社団法人 あ ま ね   

代表理事 大 野  真 如


【あまねのモットー】

慈愛をもって接します

安心を感じられる環境を提供します

長期的視点で「いま」を捉え、末長くお付き合いをします

子どもたちと一緒にスタッフも成長します

想いやありのままを受け止め、大切にします